ダビマス 効率良い調教のやり方と効果一覧!おまかせ調教との違いと注意点

ダビマスこと、ダービースタリオンマスターズ(ダビマスマスターズ)では競走馬を育てて、レースに勝つ競馬シュミレーションアプリですが、ダビマスをやる上で、競走馬の飼育として一番重要になってくるのが「調教」ですよね!

今回は、調教の意味とそれぞれの効果や効率良いオススメ調教などをご紹介していきます。

調教とは

調教とは

ダビマスを始めて、一番最初にぶつかる壁であろう「調教」。歴代のダビスタをプレイしていれば大体分かると思うのっですが、このダビマスが初めての場合だと芝だとダートなど、ウッドチップなど・・・説明を読んでもスタミナやスピードなど同じようなことが書かれており、正直わからないと思います。

しかし、おまかせ調教などで、楽しようとしたとしてもそううまい事はいかず。おまかせしたからと言って勝てるわけでもありません。

そこで今回はそれぞれの効果やオススメ調教方法などをまとめました。

調教の種類や強さ

まずは、調教の種類や強さをまとめました。

調教の種類

まずは調教の種類からご紹介していきます。それぞれの説明を読んでもいまいち内容がわからないと思いますが、順番に紹介します。

調教種類 効果 負担
 芝 スピードアップ(大)
 ダート スタミナアップ(大) 
 ウッドチップ スピードアップ(小) スタミナアップ(小) 
 ポリトラック スピードアップ(中) 負
 坂路 スピードアップ(大) スタミナアップ(小) 
 プール  体重減少(中) スタミナアップ(小)  なし

こう見るといろいろな調教方法がありますが、基本となるのは「芝」と「ダート」です。

1週2回行えるので、芝、ダート組み合わせだけでも、レースに勝てる馬を育てられます。

調教の強さ

調教

またそれぞれの調教の種類の他に、調教の強さも選ぶことが出来ます。強さによって効果が異なるので覚えておきましょう。

 調教の強さ  効果  体重減少
馬ナリ 効果は小、ケガの心配も少なく体重維持が可能 0kg
強め 効果は中、馬ナリよりケガの可能性大 -2kg
一杯 効果は大、その他に精神面も強化、強めよりケガの可能性大 -4kg
併せ 効果は強大、勝負根性も強化、ダブフレなら併せ効果もプラスする、調子の変動も可能だが、負担が多く、ケガの可能性がもっとも高い -6kg

強さについては、調教師のコメントを見ながら微調節が最終的に必要になるのですが、最初は体重を落とすことが重要で、「併せ」を行い、「一杯」と「強め」で調節していくのがダビマス攻略の基本手になります。

おすすめの調教方法

調教の種類や強さは上記の通り。しかし、ダビマスではこの調教次第で、いくらでも強い馬に育てることが出来るのですが、実際に何すれば良いのか?

人によって調教方法も様々だとは思いますが、おすすめのやり方を紹介します。

デビュー前

まずは入厩後からデビューまでは一気に鍛えていきましょう!

スピードアップは坂路をメインに強めで調教。それと調教師のコメントで調節、体重を絞るなら芝の併せを混ぜて調教する。

スタミナアップはダートの併せと一杯は調教師のコメントで調節

デビュー後

デビュー後は、無茶するとケガしてしまい、せっかくのレースに出られない!という事態を防ぐべく

ウッドチップをメインに強めと一杯で調節、調子が落ちてきたら併せを使って調子変動、体重の微調整にプールを使用。

おまかせ調教って?

基本的には手動で調教するのが基本です。しかし、馬の数が増えて管理が大変になってきた際にはおすすめ調教を利用してもいいかもしれません。しかし、注意点としておまかせ調教を使うと、レースが不安定になり、勝てるとき、勝てないときの差が激しくなります。原因は調教師がレースを適当に選んでしまうため、本来勝てるレースでないレースに参加させられてしまいます。なのでレース選定はこちらで選びましょう!

数が多くなるとどうしても管理出来なくなりますので期待薄の馬はおまかせ調教に切り替えて、その代わり出すレースだけこちらで選定するのがベストです。

種牡馬の「距離」と「ダート」適正で判断すると得意な距離などが一目でわかるので、そこで判断しましょう!