ダビマス 厩舎先一覧と特徴とおすすめ!どこに入厩させるべきか?

ダビマスこと、ダービースタリオンマスターズ(ダビスタマスターズ)では、競走馬を飼育する必要があり、それぞれの馬をそれぞれ入厩させる必要があります。

ダビマスでも、いくつか厩舎があるのですが、この厩舎選びで馬の能力が断然変わってきます。なので、その馬にあった厩舎を選ぶ必要があるのですが、今回は入厩や厩舎に関するまとめです。

ダビマス 入厩・厩舎

厩舎

ダビマスでは、まず1歳まで牧場で緩やかに育てるのですが、その後立派な競走馬に育てるべく厩舎に入厩する必要があります。

しかし、最初のうちはどこの厩舎を選んで良いかわからなくないと思います。

もちろん、手動で調教を行うならどの厩舎に入れてもさほど変化はありませんが、しかし、馬の数が増えて「おまかせ調教」で仕上げてもらう場合は、それぞれの厩舎の特徴を把握しておく必要があります。

なお、調教・おすすめ調教については以下の通り。

ダビマス 効率良い調教のやり方と効果一覧!おまかせ調教との違いと注意点
ダビマスこと、ダービースタリオンマスターズ(ダビマスマスターズ)では競走馬を育てて、レースに勝つ競馬シュミレーションアプリですが、ダビマスを...

それでは、順番に説明していきます。

基本的に「馬体解析」を有効利用しよう

厩舎場解析

ダビスタでは、どの厩舎を選べばいいかわからない時に、「馬体解析」を行うことで、おすすめの厩舎をすぐに把握することが可能です。

解析には料金が高いので、序盤はなかなか行えませんが、したの目標レースなども非常に参考になるので、ぜひ序盤こそ、馬の特徴を知るべく積極的に行いましょう!

厩舎一覧と違い

それでは、厩舎ごとに違いや一覧をまとめした。

千石厩舎

厩舎戦国

説明 調教は調整重視でレース中心い馬を鍛える。レースはグレードよりも勝率を取る堅実派、座名の銘は「稼いでなんぼ」そのため特に距離には頓着が無い
距離 短距離、中距離、長距離
馬の種類 早熟、晩成

こちらの厩舎はおもに雑魚馬におすすめの厩舎で、G1クラスで勝てなそうなステータスの低い馬を使用し、確実にレースで稼ぐために非常に有効。

八木沼厩舎

八木沼厩舎

説明

「スタミナ馬こそ至高」と考え、調教でもスタミナ重視にする傾向にあり、長距離馬の調教には定評があり、1800~3200のレースを中心に出走

距離 中距離、長距離
馬の種類 早熟、晩成

こちらの厩舎は、スタミナ重視、長距離馬が得意。なので、長距離用の馬を育てる際に非常に有効。

和泉厩舎

和泉厩舎

説明

馬の一生に強いこだわりをもち、時間をかけても馬を長く活躍させる「人馬一体は調教師も同じ」が口癖、距離へのこだわりは強くない

距離 短距離、中距離、長距離
馬の種類 晩成

こちらの厩舎は主に晩成タイプの馬の調教を得意としており、距離関係なく晩成タイプのうまを育てるのに優秀です。

桐島厩舎

桐島

説明

身体の弱い馬の育成を熟知し無理をさせない堅実派「無事是名馬」が信条、すべての距離をそつなくこなす

距離 短距離、中距離、長距離
馬の種類 早熟、晩成

こちらの厩舎クロスが強い気性・体質が低い馬が得意。

牛嶋厩舎

ウシジマ

説明

スピード重視で短距離馬を好む、常に勝利にこだわりハード調教を好む、合い言葉は「完全燃焼」1000m~2400mのレースを中心に出走

距離 短距離、中距離
馬の種類 早熟、晩成

こちらの厩舎は短距離のスピード重視の馬が得意。主に短い距離のレースで活躍できる馬を調教可能。

風間厩舎

かずま

説明

「若駒走れば風間が儲かる」2歳馬の育成について評判が良く、早期に活躍する馬を育てるのに長ける、2歳馬の扱いが多いので短距離レース中心

距離 短距離、中距離
馬の種類

こちらの厩舎は早熟タイプ、短距離の馬が得意としています。主に2歳馬を得意としているようです。

どこに入厩させるべきか?

以上が、厩舎一覧になるのですが、最終的にどこに入厩させるべきかはご自身で選ぶ必要があります。一番確実なのは上記のように馬体解析を行えば良いですが、資金力がないうちは、なかなか厳しいと思います。

そこで判断するべきポイントは、やはり馬のステータスです。

○長距離が得意か短距離か?

○成長は晩成か早熟か?

○気性や体質はどうか?

この当たりはステータスにてすべて確認できるため、それぞれ総合的に判断して入厩先を決めましょう!